flagflag  If you want to see English page, please click "English" Button at Left.
Page Top

キャッシュサーバのコントロールプロセスとのネゴシエーション anchor.png

 リレーサーバ(sl_relay)が -cs, -cp または -cg オプション付で起動された場合,UDPの中継プロセス毎にキャッシュサーバ(sl_cache)のコントロールプロセスにTCPによる接続を行います.その後,キャッシュサーバのコントロールプロセスとネゴシエーションを行い,通信に必要なお互いのポート番号や接続用パスワードの交換を行います.

 ネゴシエーションに失敗した場合は,そのUDP中継プロセスは,キャッシュサーバを使用しないモードに自動的に移行します.

Page Top

キャッシュPUTサーバへのデータ転送 anchor.png

 sl_relay-cs または -cp オプション付で起動された場合,sl_relayのUDP中継プロセスはSecond Life(SIM)サーバから受け取った全てのテクスチャデータ(ImageData, ImagePacket) を,対になっているキャッシュPUTサーバ用の中継プロセスへ転送します.

 転送(キャッシング)は全て自動で行われるため,ユーザ(sl_relayの実行者も)は何も意識する必要はありません.

Page Top

キャッシュコントロールプロセスへのリクエスト anchor.png

 sl_relay-cs または -cg オプション付で起動されている場合,UDP中継プロセスは Viewerからのテクスチャデータのリクエスト(RequestImage)をトラップし,キャッシュコントロールプロセスへテクスチャデータがキャッシュされているかどうかの確認を行います.Viewerからのリクエストが複数のテクスチャデータに関するもので,一部のみキャッシュされている場合は,リクエストを分解し,キャッシュされていないテクスチャに関するリクエストはそのまま Second Life(SIM)サーバへ転送します.

 キャッシュされているテクスチャデータに関しては,そのデータのリクエストをキャッシュコントロールプロセスへ発行します.キャッシュコントロールプロセスから返されるテクスチャデータに関しては,Second Life(SIM)サーバからのテクスチャデータと同様に扱われます.

 受信したテクスチャデータに関する Viewerからの ACK信号もトラップされます.ACK信号が複数のACK情報を含む場合は,ACK信号は分解され,テクスチャデータの送信元に合わせて返送されます.

 このため,sl_relayではパケットのシーケンス番号の書き換え機能の他に,テクスチャデータとACKの対応のためのリングバッファを利用した ACKのシーケンス番号書き換え機能を実装しています.

Page Top

キャッシュサーバからの自動切断 anchor.png

 UDP中継プロセスは,キャッシュサーバからの応答が無い場合や,ディレイが多発する場合は,キャッシュサーバからのデータ取得を自動的に中止します.


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2337, today: 3, yesterday: 1
最終更新: 2008-12-21 (日) 03:29:18 (JST) (5664d) by iseki

サイト内 検索

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

サブ メニュー

ミニカレンダー

前月2024年 6月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>

オンライン状況

71 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが xpwiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 71

もっと...

アクセスカウンタ

今日 : 7738773877387738
昨日 : 9451945194519451
総計 : 2389035723890357238903572389035723890357238903572389035723890357
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Design by XoopsDesign.com