flagflag  If you want to see English page, please click "English" Button at Left.
Page Top

概要 anchor.png

  • sl_relay は,大学などのファイアウォールが存在する環境で,プライベートIPアドレスを割り振られたPCから Second Lifeに接続するためのPacket Relay Server (中継サーバ) です.
  • sl_relaySecond Lifeの SIMと Viewer間の通信(UDP, HTTP/HTTPS)を中継します.
  • ただ中継するだけではなく,パケットの内部を監視し,別のSIMが指定された場合は,そのSIM用の中継プロセスを新たに起動し,このプロセスを経由するようパケットの内容(アドレスとポート番号)を書き換えます.
  • キャッシュサーバ(sl_cache) と連携し,テクスチャデータをキャッシュすることにより,ネットワークの負荷を軽減できます.
  • キャッシュサーバ(sl_cache) と連携させる場合は,矛盾が発生しないようにUDPパケットのシーケンス番号も書き換えます.
  • 情報サーバ(sl_info) と連携し,特定のUDPパケットを破棄することにより,SIMへのアクセス制限をかけることが可能.この場合,Viewer からはパケロスを起こしているように見えます.
  • sl_relaysl_proxy の一部.
  • これらのプログラムは元々は大学内のネットワークなどの環境から,セカンドライフを快適に使用するために作られました.
  • 最新版は v1.10.0 ('11 9/29)
     
Page Top

機能の概要 anchor.png

  1. 適当な Proxy用マシンがあれば,ファイアウォール内でもセカンドライフを実行可能.
  2. 外向けのポート番号を指定可能.これはファイアウォールに穴を開ける場合に有益です.(通常,外向き透過で返答も透過のファイアウォールの場合は,外側に対して穴を開ける必要はない)
  3. クライアントに対するアクセス制御が可能.デフォルトの制御ファイルは /usr/local/etc/sl_proxy/hosts_relay.allo​w
  4. SSLフルサポート.(クライアント<->プロキシサーバ間はデフォルトではSSL未使用)
  5. キャッシュサーバ(sl_cache) と連携してテクスチャデータのキャッシュが可能.
  6. 情報サーバ(sl_info) と連携してホワイトリストによるSIMへのアクセス制限を行うことが可能.
  7. OpenSimでも使用可能.(OpenSim自体が開発途中のため,現在はまだ暫定機能)
  8. 独自のWEBプロキシ機能を内臓.
Page Top

バグまたは改善が必要な箇所 anchor.png

  1. IMやチャットで同じメッセージが複数回表示されることがあるという報告を受けています.(原因不明)
  2. 負荷テストが十分ではありません.
Page Top

設定ファイル anchor.png

  • 設定ファイルのデフォルトは /usr/local/etc/sl_proxy/sl_relay.conf
  • sl_relay-f オプションを指定すれば他のファイルを指定することも可能.
  • 設定ファイルは,sl_relay が実効ユーザにスイッチする前に読み込むので,起動ユーザが読める必要がある.
  • 設定ファイルでは一行に一項目の設定を記述する.空行,#で始まる行は読み込まれない.
     
Page Top

設定項目 anchor.png

Page Top
SIMサーバとの通信ポート (ファイアウォールの設定用)~ anchor.png

ファイアウォールが,内部から外向への通信を完全通過で,かつ,内部からの通信への返答に対しても完全通過の場合は,ファイアウォールへの追加設定は必要はない.

Page Top
Viewerとの通信ポート (他のサービスと被らなければ,特に変更する必要はない) anchor.png
Page Top
中継プロセスコントローラの制御ポート (他のサービスと被らなければ,特に変更する必要はない) anchor.png
Page Top
その他 anchor.png
Page Top

起動オプション anchor.png

sl_relay  [-s server_name[:port]] [-p port] [-f config_file] [-u user_name] [-i interface_address]
          [-pid pid_file] [-l [log_file]] [-v syslog_level]
          [-cs [cache_server:port]] [-cg] [-cp]
          [-is [info_server:port]] [-wf]
          [-vs [voice_relay_server:port]]
          [-as] [-aca] [-ano]
          [-xp [web_proxy_server:porti]] [-ip [port]] [-ipx [port]] [-mm]
          [-ver version]
          [-d] [-x] [-xt] [-xu] [-xuf]
          [--version] [--help] [-h]

-s   : セカンドライフのログインサーバを指定.デフォルトは login.agni.lindenlab.com:443
-p   : Viewer との接続口になるポート番号.デフォルトは 8100 (OpenSimと被るので,8000から変更)
-f   : 設定ファイルの指定.デフォルトは /usr/local/etc/sl_proxy/sl_relay.conf
-u   : 実効ユーザ.セキュリティ維持のため,rootユーザ以外の権限で動かす場合に指定する.
-i   : サーバが二つ以上のネットワークインターフェイスを持つ場合に,Viewer側のインターフェイスのIPアドレスを指定する.

-pid : pid ファイル./etc/init.d/sl_relay stop などで止めたい場合に,pidを書き込むファイル.-f から変更.
-l   : ログファイルを指定する.デフォルトは /var/sl_proxy/sl_relay.log
-v   : syslog のレベル.デフォルトは LOG_INFO (7)
                                                     
-cs  : キャッシュサーバの指定.続けてサーバ名を記述し,さらの :の後にポート番号を指定する.
       サーバ名を省略した場合は localhost:8200 になる.
-cg  : キャッシュサーバでデータの受信のみを行う.
-cp  : キャッシュサーバでデータの送信(キャッシュへの保存)のみを行う.
                         
-is  : 情報サーバの指定.サーバ名を省略した場合のデフォルトは localhost:8086
-wf  : sl_info と連携して,ホワイトリストによる SIMへのアクセス制限を行う.

-vs  : ボイスチャット中継サーバの指定.サーバ名を省略した場合のデフォルトは localhost:8088
                                             
-as  : Viewer <--> Relay Server間のTCP通信を HTTPS で行う.秘密鍵ファイル,サーバ証明書,認証局証明書が必要
-aca : Second Life(SIM)サーバの認証を行う.Second Life(SIM) サーバ認証局の自己証明書が必要.
-ano : サーバと HTTPS(SSL)通信をしない.OpenSIM用.Second Lifeに繋ぐ場合は指定しない.(実験的オプション)
                                             
-xp  : 外部WEBプロキシプロキシサーバからの接続を許可する.
-ip  : 内部WEBプロキシプロキシサーバを使用する.ポート番号指定可能
-ipx : 内部WEBプロキシプロキシサーバを制限モードで使用する.ポート番号指定可能
-mm  : MusicURL, MediaURL を処理する.もし可能なら WEBプロキシを使用する方がお勧め.
                                            
-ver : Viewerのバージョン情報を書き換える.これは新しいViewerを直ぐにインストールする事がどうしても出来ない場合にのみ,
       一時的に使用する.これを永続的に使用することは危険であり,絶対に行ってはいけない.
                              
-d   : デバッグ情報を出力             
-x   : TCP(HTTP/HTTPS)パケットを作業ディレクトリに保存し,UDPパケットのヘッダ情報を表示する (-xt -xu の同時設定と同等)
-xt  : TCP(HTTP/HTTPS)パケットを作業ディレクトリに保存する
-xu  : UDPパケットのヘッダ情報を表示する
-xuf : UDPパケットをフルダンプする.サーバの動作が遅くなるので注意.
                                          
--version  : Version 情報を表示する.
--help, -h : ヘルプを表示する.
Page Top

プロセス相関 anchor.png

Page Top

Relationship between Processes anchor.png

sl_relay.png, SIZE:720x540(33.4KB)
Page Top

Transfromation of UDP and HTTP/HTTPS Packet anchor.png

sl_relay2.png, SIZE:720x540(26.7KB)

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 4576, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2011-09-28 (水) 11:04:04 (JST) (2991d) by admin

サイト内 検索

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

サブ メニュー

ミニカレンダー

前月2019年 12月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>

オンライン状況

79 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが xpwiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 79

もっと...

アクセスカウンタ

今日 : 1429914299142991429914299
昨日 : 1426214262142621426214262
総計 : 1295898212958982129589821295898212958982129589821295898212958982
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Design by XoopsDesign.com